実際にアパート経営を成功させている方の声

アパート経営を成功させている人の声を聞くと、そのデメリットを十分に理解した上で取り組んでいることがわかります。まずアパートは耐久性が低いので、早い段階で補修が必要になります。また老朽化が進めば賃貸需要も少なくなりますし、その結果家賃を下げる必要もあります。その結果、収益率も下がるので、資金計画をどのように立てるのかも重要となります。そこまで予測した上で購入計画を立てているのが、成功している人の特徴です。また新築にこだわることなく利益率の高い中古物件を購入しているのも共通してみられることです。新築は割高となりますが、中古物件を探せば割安となるものが見つかります。効率良く収益性の高い物件を探して適切にメンテナンスを行い、運営しているのが特徴です。

アパート経営に必要なことは利益率の高さです

アパートを使って賃貸経営をする場合には、色んなデメリットを理解しておく必要があります。成功している人はそれを考慮した上で、購入計画を立てています。多くの人は新築を建てることにこだわりますし、頭金を入れずに購入しようとするわけです。けれども最初は良いのですが、次第に収益率が下がることで運用するのが難しくなります。そこで最初に多くのキャッシュフローを生み出せるような物件を探します。毎月生じる現金は補修のための予算として確保します。そして適切に補修を行いつつ、賃貸需要を高めながら運用するわけです。また購入のためのローンも早期に完済していますし、その後はキャッシュを生み出すようになります。それを次の物件の購入予算にして、物件を増やしているのも成功している人の特徴です。

アパート経営で注意することとは

アパート経営で注意が必要なのは、新規で購入する時に利用するサブリースです。これはアパートを一棟丸ごと借り入れることで、毎月安定した家賃を振り込むという管理会社のサービスです。この安定収入が担保となって、購入のための融資を受けることができるわけです。けれどもこのサブリースは、築年数の経過に伴って家賃が下がるものです。それを考慮せずにローンを組んでしまうと、次第に収益性が下がるようになります。かといって一般の賃貸に切り替えても、賃借人を確保できるとは限りません。それを考慮しておく必要があります。ただしアパートは土地も保有できるメリットがあるので、長く保有すれば他の運用方法に転用することもできます。そのために立地条件の良い場所を確保しておくことも大事と言えます。