アパート経営をお考えの方へのアドバイス

アパート経営は、アパートを購入して、それを済みたい人に貸し出して賃料収入を得ていく手法です。アパートは、建ててからすぐになくなるわけではありませんので、初期投資はそれなりにかかりますが、きちんとメンテナンスや維持管理をしていけば、安定した収入を得られます。また、規模が小さくても始めることができるため、個人が始める投資先としても活用できます。建物を建てるためには土地が必要ですが、土地をすでに持っている方なら、建物を建設する費用のみを負担すればよいですし、すでに立っている土地付きの中古を購入すれば、まったく新しくすべてを手に入れる場合に比べれば、初期投資は少なくて済みます。その人に合った投資方法として活用できるというメリットがあります。

ターゲットを決めるのが最初にすべきこと

アパート経営で最初にしておくべきことは、ターゲットを明確にしておくことです。建物を必要としている人は、自分の置かれた状況に最も適している物件を選ぶことになります。そのため、ターゲットに合っている物件を用意していくことが重要となります。ターゲットを絞れば、建物の設備や賃料設定などをその層に合わせることができ、その結果利用者を集めることができます。例えば、学生であれば、一般的に高い家賃の建物に住む人よりも、手ごろな広さの手ごろな賃料の建物を選ぶので、大学が近くにある場所ならば学生をターゲットにすると良いでしょう。学生は大学の近くの物件を選ぶ傾向にありますし、通いやすい場所にあれば多少古くなっても、利用者を集め続けるのがほかの場所よりたやすいです。

アパート経営の管理を任せる業者選びも重要

アパート経営の管理を任せる業者を選ぶことも重要です。自分一人で管理をすることでコストを抑えることはできますが、その分の労力は自分で負担しなければなりません。そうなると、会社勤めをしているなど、本業がある方は管理を自分でしていくのは難しくなります。また、利用者からの苦情などはすぐに対応しないと、利用者が離れてしまう原因となるため、なるべくタイムリーに対応していかなくてはなりません。不動産屋はこの管理のノウハウがしっかりとしているので、それに合わせてタイムリーな対応をしていきます。それが、住人の満足度を高める理由となり、定着率が上がって、空室率を下げることにつなげることができます。管理を任せる際の費用は、大体一月の賃料の10パーセントが相場となっています。