アパート経営で失敗しないための心構え

アパート経営で失敗しないための心得えとして、サプリースを上手く活用することが挙げられます。これは一棟丸ごと管理会社が借り上げることで、賃借人がついてもつかなくても家賃が入る保険のようなものです。そしてこのサプリースを担保とすることで銀行から融資を受けることが可能となり、サラリーマンでもアパートを建てることが可能となります。けれどもアパート運営は次第に家賃収入が少なくなりますし、サプリースの契約も更新時に家賃が下がるようになります。それを見越して資金計画を立てることが必要です。さらに管理を適切に行うことで建物の老朽化を抑え、その結果家賃もさほど下げずに済むようになります。そのような役立つポイントをいくつか挙げていくので、知っておくと失敗せずに済みます。

サプリースの仕組みを理解すること

アパート投資で一般的に使われるサプリースは、契約の更新に伴って家賃が少なくなることが課題とされます。けれどもこれはどのアパートにおいても起こりうる問題であり、サプリースに限った話ではありません。むしろ個人で建物を管理して賃借人を探すような場合、次第に空き部屋が増えてくることも珍しくありません。サプリースは安定した収入を得られることで、資金計画も立てやすいメリットがあります。あとは家賃の減少を見越して、頭金を入れてローンを組むといった工夫が必要になります。そしてある程度築年数が経過したところで、管理会社を変えたり売却することで利益を確保するとも可能となります。例えば周辺に新築マンションの建設予定があるとすれば、早期に売却した方が良いこともあります。

アパート経営の利回りを高める工夫とは

アパート経営で最も大切なことは、賃貸需要を高めることです。そこでまず建設する際に、周辺ではどのような賃貸需要があるのかを調べておくことが必要です。単身者が多いのか、それともファミリーが多いのかにより、建てるアパートの間取りも変わってきます。また築年数の経過と共に求められる設備も変わってくるので、適時入れ替えをすることで賃借人がつきやすくなります。その結果、家賃もそれほど下げる必要がなくなりますし、収益率も高まります。ローンの返済を終えてしまえば、あとは安定収入として確保できるようになります。アパート経営は単にローンを家賃で返済するだけではなく、いかに利益を生み出せるかを考えることが必要となります。そのためには賃貸需要の多さと、それに応える設備投資がポイントになります。