アパート経営のリスクとリターン

不動産の経営というと、広い土地を諸種している地主の方が相続税の対策で行っていたり、資産家の方が更なる資産形成で行っていたりと、庶民には手が届かない投資方法であると考えられてきました。もちろん、今でも相続税対策として不動産投資をする方はいらっしゃいますが、最近は一般のサラリーマンの方がアパート経営を始めるというケースが増えています。これまでは土地とまとまった資金がないと不動産投資をすることが難しかったのですが、土地を用意し、新築のアパートやマンションなどの建物1棟を全て経営するのではなく、まずは1室から経営を始めて、少しずつ資産を増やしていく方法を取る投資家の方が増えています。特に中古物件の1室となると、サラリーマンの収入でも購入が検討出来ます。

アパート経営の為にローンを組むことも出来る

まとまった資産がない方は、返済プランや、見込まれる賃料収入を金融機関に提示をして、審査が通ればローンを借りることも出来ます。しかし、ここで大切なことは甘い見通しでローンを借りると後々返済に大変な思いをするという点です。アパートは一度入居者の方に入ってもらえば長い間住んでもらうことが出来ればそれにこしたことはないのですが、万が一空き室の状態のまま長期間建ってしまうようなことになれば、ローンの返済ばかりで収入がない状態が続いてしまうことになってしまうので、入居者が見込めるアパートを見極めることが大切です。特に駅からの距離や、周辺にコンビニなどの便利な施設があるかどうかなど、利便性の高さは重要です。また、清潔感も重要な要素の一つです。エントランス廻りなどは特に清潔にするようにしましょう。

古いアパートはリノベーションという方法もある

アパート経営をする上で、入居者の方に選んでもらうためには清潔感が大切です。古い物件の場合はどんなに掃除をしても古臭さで入居者が決まらないという場合はリノベーションをするという方法もあります。特にオリジナリティを出すことで、この部屋でしか実現することが出来ない生活を演出することで入居してからも長く住んでもらう部屋を演出することが出来ます。例えば、ニューヨーク風やプロバンス風など、テーマを決めてリノベーションすることで、その部屋を生かすことが出来ます。物件は古くなると賃料を下げざるを得ないと思っている方は、リノベーションをして付加価値を付けることで、更なる賃料を得る事が出来る可能性もありますので、ただ賃料を安くするだけではない方法についても検討するようにしましょう。

ローン返済サポートシステムの導入により更なる安心を得ることができます。 販売だけでなく管理まで行う、オーナー第一主義会社がアイケンジャパンです。 99%の入居率を誇る安定感の高いアパート経営が可能です! アイケンジャパンのアパートの配置には「こだわり」があります。 実際に経営されているオーナー様方からいただいた生の声をHPにて掲載しております。 アパート経営で資産形成